ニキビは病気のサインかも?!

 

 

肩こり 思春期に表れるニキビは青春のシンボルとも言われ、特別なケアをしなくても自然に治ってしまうことがよくあります。

ところが、大人になってからできるしつこいニキビは「大人ニキビ」と言われ、一度治っても何度も再発する困りもの。

美容上の問題はあるとはいってもたかが”ニキビ”と軽く考えている方がいるかもしれませんが、意外にもニキビの原因に深い病気が隠れていることもあるのです。

男性も思春期にニキビに悩まされることが多いのですが、男性の場合は大人ニキビになる方はあまりいません。ところが、50代前後に突然ニキビができる方がおられます。

これは男性更年期の一つの症状と言われています。
更年期は女性だけでなく男性にもあり、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が少なくなる中高年で不眠、イライラ、のぼせ、めまいなどの症状が表れることがあります。

そして男性ホルモンの低下は男性の老化の象徴である頭髪の後退(いわゆるハゲ)が進行したり、前立腺肥大の症状が表れます。

これら更年期症状の一つにニキビの増加もあるのです。


女性はさらにいろんな病気が顔に出やすいのですが、そのひとつに便秘があります。

便秘になるとニキビや肌荒れがひどくなると言う方が多いのはご存じの通り、さらに女性特有の問題として月経前にホルモンバランスの乱れから肩こり、イライラなどと共にニキビや肌荒れを起こす方もおられます。

 

 

 


Copyright @ ニキビを侮るな~病気のサインかも!